クラウドサービスがプログラムコードに及ぼす影響

クラウドって?コードって?

クラウドサービスがプログラムコードに及ぼす影響 私はクラウドについてのコードに関する仕事をしています。このような例文があるとします。突然ですがこの言葉の意味を理解できる人はどのくらいいるのでしょうか。私は最近まで全くわかりませんでした(笑)まずクラウドとはなんなんでしょうか。クラウドコンピューティングの略称で語源はcloud=雲です。それで具体的にどういうものかというとデータをパソコンや携帯でなくインターネット上に保存するサービス全体を指すそうです。一個人の中に納まるのではなくインターネット上という空の上にふわふわと浮いてる=雲のような形というイメージでしょうか。次にアナログな私はコードというと電話のコードだとかコンセントに差し込む線上のものを想像してしまいますがもちろんそちらではありません。端的に訳すならば「符号、記号」とでもいうのでしょうか。要するに文字を打ち込むことで、その配列などにより先述したクラウドが仕事をするのです。というわけでクラウドについてのコードに関する仕事と言うと、プログラミング関連の仕事なわけですね。
さてこのような短い文章を訳するのでも人苦労しました。個人的にはこのような「クラウド」や「コード」と言った横文字は極力減らしてほしいと思います。「インターネット上へのデータ保存サービス」や「プラグラミング記号」と若干まどろっこしくなってしまいますが、そのほうが意味が伝わりやすいです。幼いころからパソコンでインターネットに触れる機会の多い子供たちはそんなことはないんでしょうか。素朴な疑問でした。

Copyright (C)2022クラウドサービスがプログラムコードに及ぼす影響.All rights reserved.