クラウドサービスがプログラムコードに及ぼす影響

クラウドやコードなど、聞き慣れない言葉を最近世良く耳にする。

クラウドサービスがプログラムコードに及ぼす影響 コンピュータだけでなく、出先やオフィースなど、あらゆる場所からデータのyりとりができるクラウド技術。そんなクラウド上におけるソースコードの公開は、技術者にとってなくてはならないもので、このコードの公開で大幅にソフトは進化し、発展したと言える。そこには開発者の努力がめいっぱい詰まっていて、安全で安心できるソフトが多く開発されてきた。これは我々一般人にとっては大きく歓迎できる出来事で、ここまでコンピューターが一般的になった原動力でもある。そんなクラウドパソコンからだけでなく、外出先や会社などからでも簡単にデーターを取り出すことができるクラウドコンピューティング。閲覧だけでなく、アップロードまで、思いのままにデータを利用することができる技術だ。ここまでクラウド技術が一般的になったのは、コードの公開が大きいと言えるソースコードのこうかいは、けんきゅうしゃや
我々一般人にとっては、できあがったものを使用するだけだが、ここまでパソコンが使いやすくなったのも開発者がソースコードを大幅に公開したからだと言えるだろう。その決断と業績は非常に大きい。自分で作ったデーターが、自宅以外でも閲覧や書き換えができることは、コンピュータの使い勝手を大幅に広げたと言える。仕事場で津打ったデータを自宅で手直ししたり、逆に自宅で使っていたデータをを職場で引き出し新たに作り直したりと、その利用価値は大きい。もちろん、コンピュータ上だけでなく、携帯電話やタブレットなどでもその技術が使えるのだから、そんな世の中をほんの10年ほど前には想像もできなかったはずだ。クラウドの利用は、まさに現代人に課せられた使命のようなものだ。

【参考】

Copyright (C)2022クラウドサービスがプログラムコードに及ぼす影響.All rights reserved.