クラウドサービスがプログラムコードに及ぼす影響

クラウドを用いて静的コード解析

クラウドサービスがプログラムコードに及ぼす影響 ソフトウェアの開発においては、効率的に行うことが必要とされています。実際に行うのは人になりますから、出来上がったシステムは人が介さなくても利用できることがありますが、開発には人が多く使われていることになります。ただしそれらの人が環境の中に常にいるとは限りません。いろいろなプロジェクトに携わっているという場合、あるときは別の開発に携わり、別の時には別の場所で開発を行うということになるのです。能力がある人もということです。
会社においては能力のある人は限られていますから、できればこの人に重要な仕事をしてもらいたいと考えます。どこにいても、いろいろなシステム開発に携わることができるようにするということです。そこで利用するのがクラウドの環境です。こちらであれば、場所を選ぶことがありません。その時に応じて作業をすることができることになります。日本にいなくても、海外からでも作業をすることが可能になるということもあるということです。
そこで静的コード解析を行うことがあります。プログラムの解析をするときに、実際に稼働をしながら行うことがありますが、そうではなく、稼働せずに行うことができます。ですから、稼働環境を必要としないということになります。実際に書かれていることに対して、問題を発見したり、変更点を指摘したりということを行うことになります。それを参考にして、開発者は手を加えていくことになります。作業も進みやすくなります。

【参考】

Copyright (C)2022クラウドサービスがプログラムコードに及ぼす影響.All rights reserved.